• 学会概要
  • 設立背景
  • 規約
  • 役員
  • 役員選出規定

役員選挙結果

日本経営品質学会では、現在の役員任期が2016年3月31日に満了を迎えるにあたり、日本経営品質学会規約第13条,第14条,第15条および日本経営品質学会役員選挙規定により、次の要領で学会役員選挙を行いました。今回の選挙では新規理事推薦はありませんでした。定数を超えておりませんでしたので、選挙は行わず候補者全員が選任されて次期役員が決定しました。

2015年度日本経営品質学会役員選挙結果報告

2016年3月29日
日本経営品質学会 選挙管理委員会 委員長 鈴木英一

1. 役員選挙の日程・活動内容等

2016年3月18日三役会議において選挙管理委員会を組織した。
委員長に 鈴木英一を任命した。
2016年3月18日 役員選挙の告示
2016年3月18日 候補者推薦書受付開始
2016年3月25日 候補者推薦告知締切
2016年3月25日 選挙管理委員会候補者確定
2016年3月29日 選挙結果の公示

2. 役員の選出

2015度の候補者推薦受付期間において新理事の推薦はなかった。役員候補者は定数を超えなかったため、選挙管理委員会では今回の選挙において投票による選挙を行わず、任命された監事を含む20名を2016年度役員として選出した。

以上

日本経営品質学会役員選拳の告示

2016年3月18日
日本経営品質学会 選挙管理委員会 委員長 鈴木英一

日本経営品質学会規約第13条,第14条,第15条および日本経営品質学会役員選挙規定により,次の要領で学会役員選挙を行うことを告示する。

1. 役員のうち,理事および監事の選挙を行う。役員の任期は,2016年4月より3年間とする。

2. 次の要領で推薦をうけた正会員で,これを受諾した者を役員の候補者とする。

(1) 推薦人は,役員候補者1名につき正会員3名とする。
(複数の役員候補者への推薦は不可)。
(2) 推薦人は,連署をもって所定の役員候補者推薦書(推薦文を記入すること)を作成する。
(3) 候補者及び推薦人全員は,選挙管理委員会の受理時点において,2015年度までの学会費を納入済みでなければならない。
(4) 候補者推薦書には,推薦人および候補者自身による署名・捺印が必要である。
(5) 推薦人の代表は,役員候補者推薦書を選挙日程に示す期限までに学会事務局に事前にメールで告知、後日書留郵便にて書面を送付する。

郵送先は、
〒350-1328 埼玉県狭山市広瀬台3-26-1
武蔵野学院大学経営品質研究所気付 経営品質学会事務局 高戸 宛て

3. 選挙日程は次の通りである。

2016年 3月18日(金) 候補者推薦書 受付開始(消印有効)
2016年 3月25日(金) 候補者推薦告知 締め切り
2016年 3月29日(火) 選挙結果の公示

4. 役員候補者が上記「1.」に示した定数を超えた場合に投票を行う。その定数を超えない場合,投票を行わず各候補者を当選とする。

5. 上記「4.」に示す投票が行われる場合は、「3.」の選挙日程により,候補者の推薦文,投票要領を会員に学会に登録されている電子メールによって告知する。

なお,規約第13条、第14条、第15条は以下の通りである。

【参考】日本経営品質学会規約 一部抜粋

第13条(役員の種類)

1. 本会に次の役員を置く。
(1)理事30名以内
(2)監事4名以内
(3)幹事30名以内

2. 理事の内、1名を会長、2名を副会長として互選するものとする。
3. 必要に応じ会長の諮問によって、会務を審議する評議委員会を置くことができる。

第14条(選任等)

1. 理事および監事は会員の選挙によって選任されるものとする。
2. 前項選挙については別途定める規定によるものとする。
3. 幹事は会員の中から、会長によって任命されるものとする。

第15条(役員の任期)

役員の任期は3年とし再任を妨げない。年度途中で選任された役員の任期は前任者の残存期間とする。

以上